ダンゴムシとワラジムシ?




 動物プロダクション依頼 最新情報 お問い合わせ


ダンゴムシとワラジムシ、形や大きさなどの外見だけでなく
生息環境なども似ている事から判別できる方は少ないかもしれません。
分類学的に見ても近縁であり、どちらも昆虫ではありません。
昆虫よりはエビやカニなどの甲殻類に近く、専門的にいえば、節足動物門【せっそくどうぶつもん】
軟甲綱【なんこうこう】等脚目【とうきゃくもく】に属します。

簡単な見分け方としてはダンゴムシは触れるとダンゴのように丸くなりますが
ワラジムシのほうは触っても丸くなりません。



よく見られる代表的なダンゴムシとワラジムシを集めてみました。















ダンゴムシやワラジムシは交替性転向反応と言う反応行動を持っています。

交替性転向反応(turn alternation)とは…分岐路で動物が右または左に進む方向を変えた場合
次の分岐路では前に右に曲がったものは左へ、左に曲がったものは右へと事前の転向方向に対し
逆方向に転向する、ようするに2度続けて同じ方向には曲がらないという反応であり
このような行動はアリやゴキブリにも見られる。





甲殻類の胸の脚は8対ありますが、ダンゴムシやワラジムシの脚は7対しかありません。
進化の過程において、ダンゴムシやワラジムシは最初の1対が口に変化し、残りの7対が歩く脚へと変化
エビやカニなどは最初の3対が口の一部となり、残りの5対が歩く脚になったと言われています。


★ダンゴムシとワラジムシ 足(脚)の数は何本?

幼生(子供)の間は成虫よりも体節が1つ足りませんので左右に6本ずつの計12本
幼生が成虫(大人)になるまでに成長と共に脱皮を繰り返し、体節が一つ増える事で
足(脚)の本数は成虫(大人)の段階で左右に7本ずつ計14本になります。
そう、ダンゴムシもワラジムシも足(脚)の数は同じなんです。








①②③はダンゴムシの脱皮の様子です。

①まず尾側を脱ぎます。
脱ぎきるまでに20~30分を要します。

②数時間から半日ほど間をおいてから、今度は頭側を脱ぎます。
尾側、頭側の脱皮共に、大切な栄養素であるカルシウムの補給の為に脱いだ殻は食べてしまいます。
また、脱皮殻を食べる事により、脱皮した柔らかい外殻が硬くなるのを助けるとも言われています。

④仲間が脱いだ脱皮殻を食べるホソワラジムシ(左)とクマワラジムシ(右)。
脱皮殻のカルシウムは他の仲間達にとっても魅力なので、周りの仲間に食べられてしまう事があります。
また、脱皮したてで体が柔らかい間は、天敵はもちろんながら仲間にも食べられてしまう危険性があります。

⑤クマワラジムシの脱皮殻。
脚先の毛一つ一つまで綺麗に脱げているのがわかります。



ホソワラジムシの脱皮の様子。



オカダンゴムシのメスの保育嚢の中で十分に育った赤ちゃんダンゴムシが出てきています。
赤ちゃんダンゴムシは、保育嚢から出てしばらくするともう一回目の脱皮を始めます。

★ダンゴムシやワラジムシのメスは、一度に約50~200個の卵を産みます。

★孵化から約1年程で成虫となり、寿命は約3年程度と言われています。

★卵をお腹に抱えて育てるのは甲殻類であるカニやザリガニと同じです。







これらはクマワラジムシの色変異体です。
①は通常個体郡、②③は色素変異郡、④は白化個体(アルビノ)郡です。



まれに「青いダンゴムシ」「青いワラジムシ」が発見され話題になりますが、あれらは【イリドウイルス】の一種に
感染したために起こる色素変異個体であり、感染発症すると数週間しか生きられません。
※【イリドウイルス】はヒトには感染しません。

※【イリドウイルス】 [Iridovirus(es),Iridoviridae] とは…
昆虫のガガンボ(Tipula paludosa)から発見された虹色のティプラ・イリデッセントウイルスをはじめ
脊椎動物では哺乳類(ブタ)、魚類(ブリ、マダイ、スズキ、ヒラメ)、両生類、無脊椎動物では多くの昆虫
軟体動物(タコ、カキ)、環形動物(イソメ)から分離された1群のウイルスを【イリドウイルス】という。
宿主細胞の細胞質内で増殖し、青緑色や青紫色の組織になる。













SCIENCE FACTORY ltd.
〒599-8128 大阪府堺市東区中茶屋104番地
TEL:072-230-0568 FAX:072-230-0569


※時間外などでお急ぎの場合は 090-3052-5130 までご連絡下さい。
ホームページ:http://www.sf-japan.net
メールアドレス:science@sf-japan.net

■動物取扱主任者登録証 [第1337号]
■動物取扱業登録証/販売 [第0200号/堺市長]
■動物取扱業登録証/貸出 [第0201号/堺市長]
■動物取扱業登録証/展示 [第0202号/堺市長]
■動物取扱業登録証/保管 [第0484号/堺市長]
■動物取扱業登録証/訓練 [第0485号/堺市長]
■古物商許可証 [第622171407819号/大阪府公安委員会]


 動物プロダクション依頼 最新情報 お問い合わせ