害鳥駆除・防除対策



 動物プロダクション依頼 最新情報 お問い合わせ


カラスに威嚇されたり襲われたりして困っていませんか?

カラスは3月下旬から7月上旬にかけ、繁殖期に入ります。
巣をつくり、卵を産んでヒナを育てます。このため、この時期に巣に近づく者
巣から落ちたヒナの近くを人が通るときなどに、カラスはヒナを守るため人を威嚇したり攻撃することがあります。

ベランダや軒先にいつの間にか作られてしまっていた巣...
ハトの糞やツバメの糞などでお困りになっておられませんか?




害鳥駆除・防除対策は専門家にお任せください




通常、巣の撤去は造園業者や害虫駆除業者などで実施されていますが、駆除対象となるカラスなどの巣の位置。
巣が私有地の場合などは立ち入っての駆除となるので、木や土地建物の所有者と予めの合意が必要です。
又、集合住宅のような場所に巣があるような場合は、管理組合などに相談の上、そちらのほうで原則的に対応して頂くという形になります。

一般的な撤去費用の相場としましては、巣の場所や高さなど条件などによっても勿論変わりますが、カラスの巣の場合でおよそ1件あたり 20,000円から30,000円程度。
巣の位置的に高所作業車両が必要な場合などには総額で 100,000円程度と作業の危険性に準じて料金も割高になっていく傾向にあるようです。

★当社にご依頼頂ける場合にはまずは被害状況などを詳しく教えて下さい。
お見積りさせて頂いた後、正式なご依頼を頂くまでは費用などは
一切ご請求致しませんのでまずはお気軽にご相談下さい。

★施工料金などを他店他社と比較して頂いたうえでご相談頂いても結構です。
又、昼間の作業では支障がある場合や夜間での緊急施工が必要な場合でも
別途ご相談のうえ対応させて頂きますのでご安心下さい。








鳥獣保護法により無許可の処分は禁止されています


鳥獣保護法により、許可なく卵やヒナを捕獲し処分することは禁止されています。
やむを得ず、ヒナを捕獲したり処分する場合は事前に許可が必要となります。
カラスに限らず、ハトやツバメ、スズメやトビ(トンビ)などの全ての野生鳥獣は、鳥獣保護法により許可なく捕獲したり処分したりすることが禁じられています。

うるさい、迷惑だからという理由だけでは捕まえることができないのです。
ただし、巣の撤去作業と同時にヒナや卵を処分するといった場合や農作物などに被害が発生した場合、追い払いや防除対策などをしても被害がなくならない場合は、有害鳥獣捕獲の許可を受けることで特別に捕獲することができます。
※詳しくは大阪府(各都道府県)鳥獣保護管理担当窓口までご相談ください。



  • 鳥獣保護法12条の「有害鳥獣の駆除」に基づく「対症療法」
    「威嚇を超えたカラスに対する、あくまで正当防衛的措置」





巣の撤去の時期について…




カラスが巣を作った直後に撤去してしまうと、巣を壊されてしまったカラスは、数日のうちにまた同じ場所に巣を作ってしまうことがよくあります。
被害を解消するためには、卵を産んだ後に撤去するほうが効果的です。
カラスが巣の中でじっとしているようであれば、卵を温めていると思われます。

捕獲に際してのカラスの取り扱いは、「動物の愛護及び管理に関する法律」など法で定められた基準に基づいて行います。





鳥  名産卵時期産 卵 数抱卵日数巣立ち日数
メジロ5月〜6月頃4〜5個11〜12日11〜13日
シジュウカラ4月〜7月頃7〜10個12〜13日16〜20日
スズメ2月〜9月頃4〜8個12〜14日20〜22日
ヒヨドリ5月〜6月頃3〜5個13〜14日10〜11日
ムクドリ3月下旬〜7月頃4〜9個11〜12日20〜22日
ツバメ4月下旬〜7月下旬3〜7個13〜18日20〜24日
キジバト4月〜10月頃2〜3個15〜16日15〜16日
ドバトほぼ1年中2〜3個15〜16日28〜35日
トビ(トンビ)4月〜5月2〜3個25〜30日30〜35日
ハジボソガラス3月下旬〜6月下旬3〜5個19〜20日30〜35日
ハジブトガラス3月下旬〜6月下旬3〜5個19〜20日30〜35日

※シーズン中、地面などに落ちている“巣立ち雛”を拾われる方も少なくありませんが
彼らにとって大切な“巣立ち”という儀式の最中である可能性もあるということを
ひとりでも多くの方にご理解頂ければと思います。

尚、ケガをした野鳥の保護や巣立ち雛などについては
下記のページでも詳しく紹介されていますのでご覧下さい。







ハトの糞害、コウモリ、カラスなどの鳥害対策




ベランダや屋上、屋根裏などに巣を作り繁殖します。
鳴き声や糞による悪臭、細菌やウィルスによる病気などの被害が心配されます。
ハトは、カラス同様に学習能力の非常に高い生き物です。
建物などに一度巣を作るとその巣へ戻るためには命がけで戻ってきます。
これがハトは帰巣本能が高いと言われる所以です。

尚、施工場所の環境や状況に応じ、鷹を使っての害鳥防除なども請け負います。
航空鳥害、空港における野鳥と航空機の激突事故防止
バード・ストライク対策、有害鳥獣防除業務、空港有害鳥類防除業務他





少しでも料金をお安くさせて頂けるように精一杯努力致しますので、現場の状況や現地情報などをできる限り詳しく教えて下さい。



  • 施工対象となる鳥の種類、飛来数や巣の有無、被害状況などの詳細
    巣が作られた時期、現在の巣の状況などを解る範囲でお答え下さい。

  • 施工対象箇所の写真(画像)を添付して下さい。角度の異なったものや
    施工対象箇所のまわり、建造物などにある場合はその全体写真など。

  • 施工対象箇所(巣のある場所)の詳細な所在地、施工時間の制限の有無
    (午前中のみ,午後のみ,平日のみ、日祝のみ、24時間可能など)

  • その他の施工条件や施工対象箇所の状況などを詳細にお知らせ下さい。


【 注意 】

駆除や撤去作業時に当社作業員の安全性が確保されていないような現場、作業内容に対するリスクアセスメントが徹底されていないような現場での施工に対しては、労働安全衛生法に基づき、現場サイドでの状況判断で駆除や撤去などの施工自体を中止させて頂くような場合も御座いますので施工対象箇所の危険性などに関しては充分にご説明下さい。
※お見積り段階と異なった施工内容や安全性に欠く作業を強いられた場合は作業を中止させて頂いた場合でも施工費はご請求させて頂きます。


★被害の大小や鳥の種類などは問いません。
個人でお悩みのお客様から企業イメージを大切にされているような企業様まで
安心・安全・低料金にて対応させて頂きますので
まずはお気軽にご相談下さい!!

相談は無料です!!
お見積りなどのご相談はコチラからどうぞ。





※基本的に殺処分を目的とした駆除対応や施工は行っておりませんので
予め御了承下さいますよう宜しくお願い致します。






SCIENCE FACTORY ltd.
〒599-8128 大阪府堺市東区中茶屋104番地
TEL:072-230-0568 FAX:072-230-0569


※時間外などでお急ぎの場合は 090-3052-5130 までご連絡下さい。
ホームページ:http://www.sf-japan.net
メールアドレス:science@sf-japan.net

■動物取扱主任者登録証 [第1337号]
■動物取扱業登録証 [第0200号/堺市長]
■動物取扱業登録証 [第0201号/堺市長]
■動物取扱業登録証 [第0202号/堺市長]
■古物商許可証 [第622171407819号/大阪府公安委員会]

 動物プロダクション依頼 最新情報 お問い合わせ