アニマルメディアワークス



 動物プロダクション依頼 最新情報 お問い合わせ


いまやメディアのジャンルは多様化し、企業だけではなく個人メディアの躍進が目立つようになりました。
当社は、自社で飼育管理する動物たちに新たな活躍の場を創造すべく新事業を立ち上げ、各クリエイターとの連携を強めていきます。

飼育施設で出番を待つ、300種を超える動物たち...

弊社の動物たちを使い、写真、動画だけではなく、様々なコンテンツを生み出してください。




各コンテンツマーケットでの素材販売事業



Pixtaやアマナイメージなど、現在は多くの写真や動画素材の販売サイトが次々と登場しました。
またLINEスタンプやAppleのiMassegeステッカーなども写真タイプのものが販売可能となり、”動物写真”のマーケットは広がりを見せています。
弊社では、自社でのコンテンツ販売も行いながら、個人クリエイターの作品制作も応援しており、各種生体の無料貸し出しも開始しました。(無料貸し出しには条件がございます)

2017年は撮影スタジオの設置も進めることで、「動物プロダクションにカメラ機材だけを持って行けば作品が撮れる」という環境が整う予定です。






メディアコンテンツ制作事業




弊社では、動物に関連する各種コンテンツの制作も承ります。
自社で飼育する豊富な動物たちを使い、様々なコンテンツが制作できます。
例えば、撮影に時間を要する昆虫の羽化や脱皮といった貴重なシーンは、生体を長期的に飼育している環境でなくては撮影が困難なケースも御座います。

そういった動物プロダクションならではの映像や写真の撮影はもとより、豊富な写真素材を活用したホームページやチラシなどの販促物の制作まで、幅広いニーズに対応致します。




SP(セールスプロモーション)制作



●動物病院/ペットショップ等のホームページ制作
 当社がストックする豊富な動物写真素材を活用し、魅力的なホームページ制作が可能。
 ポスターや名刺、カタログやチラシなどセールスプロモーションに関わる物も制作できます。

●イベント出店/店舗用の販促物制作
 名刺やチラシのほか、カタログやノボリ、看板など、デザインから納品まですべてサポート致します。
 通常の写真素材では入手できない、稀少な爬虫類や猛禽類の写真も自社飼育個体を撮影することでご用意できる強みがあります。




WEBメディアコンテンツ制作



●キュレーションメディア等の記事作成
 動物プロダクションでは多くの動物を飼育しており、専門的な知識を持つスタッフも在籍しています。
 犬猫のしつけといった集客率の高い記事、また専門性を要する記事の制作などが可能。
 写真の撮影から執筆、デザインまですべて自社で完結することができ、高い独自性を持つコンテンツ制作が可能です。

●動画コンテンツ制作
 YouTube用の動画やWEB CMなど、動物を題材とした動画の制作が可能。
 当社のタレントアニマルを使い、外部撮影スタッフと連携しコンテンツを制作、完パケ納品することができます。




※各種コンテンツ制作事業においては、専属クリエイターと連携し作業を行います。
お問い合わせへの返答にお時間をいただく場合は御座いますので予めご了承下さい。







SCIENCE FACTORY ltd.
〒599-8128 大阪府堺市東区中茶屋104番地
TEL:072-230-0568 FAX:072-230-0569


※時間外などでお急ぎの場合は 090-3052-5130 までご連絡下さい。
ホームページ:http://www.sf-japan.net
メールアドレス:science@sf-japan.net

■動物取扱主任者登録証 [第1337号]
■動物取扱業登録証 [第0200号/堺市長]
■動物取扱業登録証 [第0201号/堺市長]
■動物取扱業登録証 [第0202号/堺市長]
■古物商許可証 [第622171407819号/大阪府公安委員会]


 動物プロダクション依頼 最新情報 お問い合わせ